my precious 2 in vancouver

カテゴリ:ひとりごと( 10 )




他人の子の叱り方

こどもたちが6歳になった今、言葉がどうの、オムツがどうのと悩んでいたことが懐かしく思えます。年齢が上がるにつれて、悩みも大きくなってくるとは本当のこと。大きいというか、複雑ですね。

うちは男女の双子なので、男の子とも女の子とも両方万遍なく遊びます。それはいいように考えればバランスよくていいのだけど、遊び方とか好みなど、男女の違いが出てきたこの歳ではなかなか難しくて、はっきり言って面倒。

去年の9月から別々の学校に通い始めたふたり。その関係でどうしてもリサの方がプレイデートをする回数が増えました。それも不公平でジェームズには申し訳ないんだけど、今年から私なしでリサがお友達の家に行かせてもらうドロップオフのプレイデートが増え、必然的にそのお返しに家に呼んだりとなると、どうしてもジェームズが退屈してしまう。クラフトなんかは一緒にできるけど、ドレスアップとかはさすがにしないもんね。

まあまあ、それはあまり関連のない前置きなんだけど、^_^;
実はこれまで何度かお互いの家に行き来しているお嬢ちゃんがいます。先日、りさと一緒に車に乗せて家に帰ってきました。ふたりでは仲よく遊んでたんですが、ジェームズが帰ってきて3人で遊び始めた途端、ジェームズが泣きはじめた。彼が言うにはリサに髪をひっぱられたとのこと。もちろん、リサにはきつく叱りました。

そして、その遊びに来ているお嬢ちゃんにも髪を引っぱられたと言うので、私はそのお嬢ちゃんに聞きました。「そんなことしたの?」と。答えは「No」ととても自信を持って言うのです。どちらかがウソをついています。自分の子の肩をもつわけではないけど、ジェームズなそんな言いがかりをつける子ではない。こんな時、どうしたらいいんでしょうね?そのお嬢ちゃんを問い詰める?

これは難しい。。現場を見てないわけだし。現行犯だったらすぐ叱れるけど、隣のキッチンで晩ごはんの準備をしてたから成り行きを把握してなかったし。リサがやったことは確かなのでとりあえずそれは対処をしました。

そして今日、またその子とリサを迎えてから、ジェームズのお迎えに行きました。ジェームズが車のドアを開けた途端、真ん中に座っていたリサが、ジェームズのブースターシートをドアの外側に勢いよく突き落としたのです。これには私はすぐリサを怒鳴りました。なんでそんなことするの?!と。リサはぬけぬけと、「S(お嬢ちゃん)がしろって言ったから」という。

もともとリサは調子乗りのところがあり、悪ふざけが過ぎたのだけど、これにはこっぴどく叱りましたよ。たとえSがしろって言ったとしても、実際にしたアンタが悪い。人に言われたからじゃなく、していいことか悪いことか自分で考えろ。怪我がなかったからよかったけど、ブースターがジェームズの顔に当たって怪我してたらどうなってたか。

その時、そのSお嬢ちゃん、「私はリサにそんなことしろなんて言わなかったわ」、とこれまた自信たっぷりに言うので、こちらとしては何も言えない。私も後部座席の会話を全部聞いてるわけじゃないし、彼女は本当のことを言ってて、リサがウソをついてるのかもしれない。だけどリサの性格上、自分の考えでそんなことする子じゃない。実行犯で1番悪いのはリサだけど、私はSちゃんに入れ知恵されたのではないかと踏んでいます。こんな揉め事が起きるのは気分が悪いし、たとえ自分の子が悪いのだとしても、そうなってしまうシチュエーションをあえて作りたくないので、今後こんなことがあったらもうプレイデートしないと、言い渡しました。それはリサに言いましたが、Sちゃんに送ったメッセージでもあります。

実はこのSちゃんファミリーとは最近家が近所だということが分かって仲良くなり、時々カープールをするようになったので、この家族の育児とか教育スタイルがまだイマイチつかめていません。何年も知っててよく一緒に遊んでる子たちだったら、悪いことはダメと親の前でも叱りますが、あまり知らない子だと、よほど危ないことや周りに迷惑をかけてないなら、特に注意もしません。無関心と言われても、それはその家の教育方針にもよるし、親にまかせます。

今までこんなことで悩まなかったけど、このSちゃんはちょっと距離感を取りつつ要観察だなと思ったのでした。この大人はどこまで行けるんだろう、と顔色を伺ってるような感じがするので、しっかり一貫した態度で接しようと思う。
[PR]



by meimei140 | 2015-05-28 15:25 | ひとりごと

フェイスブックに思うこと

今日は何だか疲れてるのか、ちょっとマイナス思考かも。。

久々にFacebookにログインして、友達、知り合いのポストをみてたら、知らないうちに時間が過ぎてしまって損した気分。

そうだそうだ、だから私はFacebookから遠ざかってたんだった。

Facebookは遠くにいる友達、昔からの友達、新しい友達とコネクト、リコネクトできたりして、利点はたくさんあると思うので否定はしません。

だけど時間はどこへ?と思うほど、ついつい見てしまうのが難点。

しかもね、なんだかみんな楽しそうなことしてるなー、
へー、そんなところに行ったんだー、とか、
チャリティーのためにレースに出ます、サポートしてね、とか
ニュースやイベントに敏感な人、
意見を強く述べてる人、
署名活動している人、

などなどを見ていると、ついつい自分と比べてしまって、
自分がつまらない人に思えてくるんだよね。
そしてちょっと落ち込んでみたり。

貴重な時間をつかって、そんな気分になるとは、いいことないじゃん。
ま、ログインするのは自分で制限すればいい話なんだけど。
疲れてるから余計ネガティブになるのかな。

でもおかげで気づいたのは、人のことは気にしたらダメだと、改めて思った。
自分の生活と、自分の周りにいる人たちと楽しく過ごせているので、それでいいんです。


さて、プリスクールの春休みもやっと終わり、こどもたちは今日から学校にいきました。
長かったなー、この2週間。やっと始まってくれて嬉しい001.gif

よく寝て、モヤモヤ気分は忘れることにしよう。
[PR]



by meimei140 | 2013-04-09 15:00 | ひとりごと

季節の変わり目とファッションなど

3月下旬から、急にすっかりめっきり春らしくなったバンクーバー。このイースターの連休もずっといいお天気で、桜もあちこちでほぼ満開。きれいに咲いています。今年は例年より早い気がする。

暖かくなってきたここ2週間ほど前に、冬中ヘビロテだったUGGのムートンブーツを封印しました。冬はほんとによく履いた。なんといっても楽だし、あったかい。あまりにこればかりなので、けっこうくたびれてきていますが、来年も活躍してくれることでしょう。

だけど、少し前に母がこちらに来たときにもってきてくれた日本のファッション誌をみていたら、「ダウンコート、スキニーパンツ、ムートンブーツのクローン化現象にメス!」という記事をみてビックリ!「これ、私やん!」と思わず目を見開きましたよ。

でも言い訳すると、この格好、本当楽なんです。だけどクローン化と言われたら確かにそうかもしれない・・・。まあ、全部がまるでダメなわけではなく、どれか1つでも違うアイテムを投入しましょう、みたいな記事だったけど、カナダにいたら、まいっか、と思ってしまいますね。012.gif

出産以降のここ数年は、本当にファッションや洋服の優先順位が低くなっていて、買い物をゆっくりする時間がまずない、あったとしても、服選びの基準が変わり、洗濯しやすいか、動きやすいかが大事になるので、どうしてもシンプルな服になってしまっています。外で仕事をしてると、そんなわけにはいかないだろうけどね。

服装だけでなく、髪型とか体型とか化粧とかもひっくるめて、先日夫に「この4年間、下り坂だったね」などと言われてしまいました。

は~?? と思ったけど、それはその通りかもなーと妙に納得です。この数ヶ月でやっと、ちょっとは自分のことをかまってみようかなという気になって、ズンバに行ったりしてると少しだけど体重も落ちた。そうすると、体重の数字だけじゃなくて、気分もいい。058.gif

このまま下り坂を下りつづけて、崖から落っこちてしまわないように気をつけます。037.gif
[PR]



by meimei140 | 2013-04-02 14:39 | ひとりごと

平等にすることむずかしさ

「ちゃんと座って食べなさい」とか

「帰ってきたら靴を靴箱に戻して手を洗う!」

と、自分でもイヤになるぐらい毎日小言を言っている私。それでも言うことを聞かなかったり、さらに調子に乗って悪ふざけしたりするこどもたち。

口うるさく言いたくないけど、あまり放任するのもどうかと思う。この辺はむずかしいところ。


先日、またジェームズに小言を言って怒っていたら、

「いつも、ばっかりジェームズくんばっかり怒られてるやん」と泣きそうになって言うのです。
(「ばっかり」の使い方があやふやで可笑しいんだけど)


「だって、アンタの方がいちびったり、悪ふざけするやんか!」とツッコミたくなるのをこらえると同時に、そう訴えるジェームズが不憫になって、怒ってたのも忘れてました。

「そっか、ジェームズくんはそう思ってるんだ」って言って、「パパもママも怒りたくないし、ジェームズくんにお行儀良くしてほしいだけなんだよ」とかなんとか言ってなだめたんだったかな。忘れちゃったけど。


褒めるときは平等に、個性をみながら別のことで褒めるように心がけてきたつもりだけど、怒るのは平等にするのは無理。なんか難しいなと思ったできごとでした。
[PR]



by meimei140 | 2013-03-05 14:23 | ひとりごと

進化する体重計

今回、母持ってきてもらったものの中に、体重計があります。

タニタの体重計。これは母が期限切れになりそうなエアマイルを使って商品と取り替えたものです。母は自分は何もいらないというので、カタログをみせてもらって私が決めました。こんな重いものは送ってもらうわけにもいかず、持ってきてもらいました。重いのにゴメンよぉー008.gif


やっとセットアップして、説明書を見ながら年齢、身長などの個人情報を登録。そしていざ測定です。

日本ではこれが当たり前なのかもしれないけど、今どきの体重計は体脂肪率はもちろん、筋肉や骨の重さ、内臓脂肪など、そして最後には体内年齢という、実年齢ではなくからだの年齢値まではじき出すんですね〜。

なんて感心してるヒマもなく、自分の体内年齢の値をみてビックリ仰天です!なんと実年齢プラス6歳ですよ?ショックでクラクラしながら体重計をおりました。


そしてこの衝撃は夫にもわかってもらわないと、と彼にも登録、測定してもらうと、なんと、

夫の体内年齢はマイナス4歳!!(°_°)


裏切られました。。_| ̄|○


このままではダメですね。ちゃんと運動しようと改めて思いました。せめて実年齢に近づかなくては047.gif
[PR]



by meimei140 | 2013-02-12 15:52 | ひとりごと

今さらだけど今年の抱負

1月も後半になって、今更だけどやっぱ今年の抱負を考えてみた。ちょうど先日一人になる時間をもらったのでその時に考えたこと。


抱負の前に、私のトッププライオリティーは、やっぱり家族なんです。
簡単に言えば、

家族揃って健康でハッピーな1年にすること、が抱負かな。
そして日々の中にある幸せに気づき、感謝すること。

これを掘り下げて行くと色々と細々とした目標があります。


まず、健康第一、体が資本です。
去年は健康面で個人的に問題の多い1年でした。まだ継続中の問題もあります。それを完治することも含めて、食生活に気をつけたり、体力をつけるために運動もしていくつもりです。。。といいつつ、1月も半分過ぎてるのにまだ運動らしい運動ってしてないぞ。汗
あとは心の健康も。ストレスを溜めないよう、ガス抜きもすること。

育児に関しては、怒らない、共感する育児をめざしたいけど、現実は難しいかな。
声を荒げたり、大声で怒りなくないけど、考える前にやってしまう。。^_^;
よく観察し、個性やレベルを見極めて、興味のあることをのばしてあげたいです。

そして、整理整頓。
ものを減らしてシンプルに暮らしたいけど、どうしてモノってどんどん溜まるのかなぁ。この4年で3回引っ越してるので、ちゃんと引っ越しの荷物を整理しきれていない状態だけど、時間を作って実行しないと。

それにしても、こどもの絵やクラフトってすごい勢いで増えるよなぁ。。
一応プリスクールで描いたり作ったりしたものはファイルに入れ、普段よくできたものもわけて、とっておいたり、写真に残したりして、あとは捨てるようにしてるけど、その作業が滞ると溜まる溜まる。
こどものものに限らず、思い切って捨てないとダメですね。

最後の目標はお料理です。
健康的においしく食べたいし、作ったことのないお料理にも挑戦したい。

あまり欲張りたくないので、この辺でやめとこう。さて、どれだけ達成できるかな〜。
a0208804_16352828.jpg

以上、カフェで考えた抱負でした。どうしたら、こんなラテアートが描けるの??
[PR]



by meimei140 | 2013-01-18 16:41 | ひとりごと

「99年の愛」

「99年の愛」というドラマのDVDをお友達に借りて見ました。日系アメリカ人の話です。

カナダに住んでからは3年と少しだけど、それ以前のアメリカ生活を合わせるともう12年になる北米生活。なのに、日系アメリカ人・カナダ人のことってほとんど知識がありませんでした。

ご近所さんに日系3世のご夫婦がいて、もう60代で退職していて、私たちから見ると優雅な余生を過ごしていらっしゃることもあり、彼らは自分で選んでカナダに生まれたわけではないけど、きっと日本の平均より豊かな生活をされてるだろうな、と単に思ってました。

だけどこのドラマを見て、今から約100年前の日本からアメリカに移民してきた人たちは、本当にたくさんの辛い試練を耐え抜いて、今の日系人・日本人の地位・生活の礎を作っていったんだということがわかりました。

史実に基づいてるので、ネタばれも何もないけど、以下は覚書です。

More
[PR]



by meimei140 | 2012-10-25 13:41 | ひとりごと

こんな人もいるんだな

こんなことをここに書くのもどうかなと思うけど、ちょっとムっとした話。世の中には人の行為を踏みにじる人がいるんだなと思ったことがありました。


引越して以来、まだ色々と処分したいものがたくさんある我が家。前の住人が置いていった家具もあり、もう必要のないものもあるけれど、状態もいいので寄付をしようと、中古家具の寄付を受け付けてくれるサイト2つに連絡を取ってみたけど、しばらく経っても返事なし。

早く引き取ってもらいたいというのもあって、ローカルのKijijiに載せてみたら、何件か問い合わせがありました。一番最初にメールしてきた人に返事を書いて、翌日の7時半に取りに来るということにしていました。だけど7時半になってもこない。

こちらは電話番号も教えているのだから、電話の1本でもかけてくればいいのに、と思ってメールをチェックしたら、「ちょっと遅くなるので、8時15分ごろにいきます」というメッセージ。でも私がメールをチェックした時間はもうすでにその時間を過ぎて、8時半ごろでした。

9時を過ぎてもやってこないので、「今日来れないなら、次の人に連絡取りますよ。」とメールしたら、すぎに電話がかかってきました。「ちょっとディナーで遅くなって・・・」とうのが言い訳。だったら連絡しろよ~!

「今から行ってもいいかな?10時10分ぐらいになるけど」というので、「10時以降は遅すぎる」と言うと、こちらの都合も聞かずに、「じゃあ明日の朝取りに行く」と。なんて強引なヤツ!031.gif朝は忙しいから、夜の7時以降ということで合意しました。


が、だんだん後で腹が立ってきました。自分が最初に来ると言った時間に現れないで、人の都合も考えずに強引に物事を運ぼうとする人。それに最初は特に気にも留めていなかったけど、何度かメールをやり取りしても、この人、自分の名前も名乗らない。メールの名前はジャンクメール用なのがもろわかるニックネームを使っている。こちらは一応好意で無料で譲ると言っているのだから、もうちょっと最低限のマナーとリスペクトで対応してほしいよな。なんで、こんな人にわざわざ中古とはいえ、ただであげないといけない?こんな人にあげるなら捨てたほうがまし!

なので、取りに来るはずの当日の午後。「今夜は出かけるのでダメになった」とメールしてキャンセルすることにしました。その後、「じゃあ午後に取りに行こうか?」なんて間の抜けた返事が来てたけど無視044.gif

本当は「あんたみたいなマナーのない人に、譲りたくありません」と言ってやりたかったけど、住所も教えてしまっているので何か嫌がらせされたらイヤだしね。。ま、穏便に無視することにした045.gif

ネットでの個人の売買の性質上仕方がないけど、なんだか残念に思った出来事でした039.gif
[PR]



by meimei140 | 2012-06-19 13:58 | ひとりごと

ハリポタマラソン

クリスマスのお話ですが、自分に自分へのプレゼントを買いました037.gif
わざわざプレゼントにしなくても別によかったけど、クリスマスだしいいか、という言い訳が欲しかったのかも045.gif

で、何を買ったかというと


ハリーポッター DVDコレクション053.gif


1作目から8作目までの映画のコレクションです。実はハリポタファンの私、本も全部読みました。3作目ぐらいからは新作が出るたびに映画館で観ていたのだけど、最後の2作だけは、原作が1冊の本なので続けてみたかったのです。

そのプレゼントを開けたクリスマス当日から子どもが寝てからは毎晩ムービーナイト。大晦日までの7日間で、8本全部みてしまいました~

原作を読んだのがかなり前で、内容もかなり忘れていて、映画で観るのは新鮮でした。ハリポタは、最初の2作は、こどもの映画という感じだけど、3作目ぐらいからだんだんダークになってきておもしろくなってくる。。と思います。しかし、本当に子ども向けなの?ってぐらいに、JKローリングはよく登場人物を殺すよね。

長編の本を映画にしてるので、細かい部分は描けてないのは仕方ないけど、ダンブルドアの過去があまり映画では明かされてなかったような気がします。原作では彼はゲイだったと記憶してるんだけど、メインのストーリーとあまり関係ないからか、触れられてませんでした。

映画をみてまた本を読みたくなったけど・・・ムリムリ、そんな時間ないよ~。
いつか子どもたちが大きくなったら、また一緒に映画をみたり、本も読み返したいな、と思いました。
[PR]



by meimei140 | 2012-01-09 17:11 | ひとりごと

おばさんとおねえさんの違い

突然ですが、「おねえさん」と「おばさん」の境目って何歳?

もうかなり昔ですが「探偵ナイトスクープ」で、そんな依頼がありましたよね。20代から30代までの1歳ずつ年の違う女を一列に並べて、こどもたちに答えさせていて、確か33歳ぐらいから、という結論に達していた記憶があるんだけど、違ったかな。

どこで区切りをつけるかは公式には定められてないし、人によって答えは違うよね。小学生からみたら20代でももう「おばちゃん」「おじちゃん」なのかもしれない。

とにかく、その33歳もすぎてアラフォーに入った私はもう世間的にはおばさんなんですけど・・・、面と向かって「おばちゃん」と言われることにぶっちゃけまだ抵抗があったりします。笑039.gif 

自分のことを「おばちゃん」というのも抵抗があるの。きっとこどもができるのが遅かったせいもあって、「おばちゃん」と言われる場面に居合わせることもなかったのが原因だと思う。こどもが生まれてからでも「○○ちゃんのママ、△△くんのママ」という感じで呼び合うことが多かったし。

だけどここ最近続けて年配の、それこそおばちゃんもおばちゃん、自分のお母さんかそれ以上の年齢の方から「おばちゃん」よばわりされてね~~~。慣れてないもんだから、ちょっと心につきささりましたよ。大げさ?012.gif 母に話すと「まさかおねえさんって言うてほしかったん?厚かましいわ!」とバッサリ切られましたケド。013.gifまさか、「おねえさん」はさすがに思わないけど、「おばちゃん」にも慣れないとなー。そして自分で自分を「おばちゃん」と言うことにも慣れていかないとなー、と思っています。

だけどね、たとえ慣れても開き直って、見かけとか態度はいわゆる「おばちゃん」にはならないようにしないとなーと、ちょっと結論とは違うオチでしめくくります。

でも、ふと思ったけど英語では「おばちゃん」って言葉ないよね。あっても面と向かっていうときは、「this lady」とかっていうような。。それにね、負け惜しみかもしれないけど、北米の人からは「miss」とか「young lady」って呼ばれることが多いんですよ。だから免疫なかったんだよな~~。イタタ042.gif
[PR]



by meimei140 | 2011-11-29 16:36 | ひとりごと

新しく引っ越してきたバンクーバーでの小さな日常
by meimei140
プロフィールを見る
画像一覧

にほんブログ村
以下のカテゴリーランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ


*プロフィール*
私(Author)=めいめい
バンクーバーに住む専業ママ歴約3年の主婦。ファミリー、ベーキングと食べること、インテリア、映画が好き。

夫=ジェフ
イギリス生まれバンクーバー育ち。温厚で優しく、数学と森林浴とルートビアフロートが好き。

リサ=双子の姉
2009年4月23日23時44分、2885gで誕生。砂遊びとお絵かきと歌とパズル大好き

ジェームズ=双子の弟
2009年4月23日23時52分、2895gで誕生。のりものと本とブロックが大好き

めい=愛犬
2008年5月29日生まれのニューファンドランド犬。特技は昼寝で好物はベーコン


*リンク*
☆New Life in Canada☆
トミーのお気楽カナダ日記

最新の記事

Train of thoug..
at 2016-01-20 12:04
サッカーの土曜日
at 2015-10-18 04:03
1年生になりました。
at 2015-10-15 06:45
ラズベリー収穫
at 2015-06-15 14:35
キンダー卒業パーティ
at 2015-06-04 14:17

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧